Just another WordPress site

行政書士

行政書士に相談する一般社団法人の設立について

一般社団法人は何らかの活動を行う団体が個人的な活動を超え、法人として活動を行おうとする際の選択肢の一つとして非常に重要なものとして知られています。一般社団法人を設立することにより大きなメリットを得ることも出来れば、デメリットが生じてしまうこともあります。しかしある程度の規模の団体になってくると資金の管理など様々な問題に対して安全に管理するために法人化の方法を模索する様になるのが一般的です。

対個人で活動する小規模の団体であればそれほど問題になるものでもありませんが、ある程度の規模の団体になってくると対企業などの団体を相手にして活動をしなければならなくなると言えるでしょう。その様な場合に法人ではないというのは非常に大きな足かせとなってしまうということを知っておくべきです。

一般社団法人を設立するメリットの一つは対外的に信用が得られるという点が非常に大きな部分を占めると言います。法人設立をしない場合は何処まで行っても個人であると言えます。ある程度の規模の団体になっていたとしても法的には代表者個人に全ての責任が背負わされる状況であると言えるでしょう。そのため組織を安全に運営するためにもある程度の規模になると法人化を考えるのが合理的であるという状況になるのです。

一般社団法人の設立と言うのはその様な手段の一つなのです。一般社団法人の設立により法人として認めてもらうことが出来ると、対外的な信用も非常に高くなり、各種契約なども行いやすくなって行くと言えるでしょう。この様な特徴を持っているものであると言えます。

この様な一般社団法人の設立はある程度の専門知識が必要になりますが、近年では外注で必要書類を作成することが出来ます。法的な書類の作成を専門としている行政書士等は一般社団法人の設立のためのアドバイスなどを行うことが出来ますし、必要とあらば法人設立のための書類を代行作成することも出来ると言う特徴があります。行政書士はその手の専門家ですので任せるのであれば安心して任せることが出来るものであると言えるでしょう。

一般社団法人の設立は株式会社などの企業の設立に似ており、手続きには法に則った手順で行う必要があります。自力で調べながら作業を行うことも不可能ではありませんが、経験が豊富で先々の相談をしながら準備を進めることが出来る行政書士などの専門家と共同で一般社団法人を作り上げていく方が様々な面でメリットが多いと言えるでしょう。