Just another WordPress site

必要な人数

一般社団法人の設立のために必要な人数について

一般社団法人は非営利の団体を法人化する際の手段としては非常に一般的な法人の形です。2008年に施行された法律により設立可能になった比較的最近の仕組みであるというのが特徴となっています。この一般社団法人の設立が可能になる以前は営利団体である株式会社や合同会社の様に設立しやすい仕組みは存在しておらず、非常に高いハードルを越えて非営利団体として法人化するか、法人化せずに個人の延長で活動をするしかなかったのです。

法人化しないという選択肢には様々なデメリットやリスクがあるのですが、その様な選択肢しか検討出来ない状況があったのです。その頃の仕組みに比べると一般社団法人の設立が可能になったということは非常に大きな意味を持っていると言えるでしょう。

この一般社団法人の設立のためにはクリアしなければならない条件がいくつかありますが、そのいずれもそれほど高いものではありません。例えば一般社団法人となるためには一定の人数を確保する必要がありますが、一般社団法人の場合には設立時に二名の社員がいれば良いとされています。このハードルは非常に低く、小さな活動を行っているコミュニティでもその気になれば法人格を持つことが出来る時代になったのです。

公共性の高い公益法人とは違い、一般社団法人を設立するためのハードルはそれほど高くないのが実情なのです。以後は一般的な企業における取締役の様な役割を担う理事が1名いれば法人を維持することが出来ます。人数と言う側面からみれば非常にハードルが低くなっていると言えるでしょう。

この様な法人格を取得するメリットとしては、まず第一に信用性を高める効果が期待されます。何らかの活動を行う場合、対象が個人であればそれほど問題とならないことも、対象が企業などの組織となる場合には信用の程度が問題となるのです。法人格を取得していることが取引を行うための条件となる場合もあるため、団体活動を行うためには非常に重要な要素であると考えられています。

この様な法人化が出来ない場合には資産の管理にも問題が生じるのが一般的です。法人でない場合には法人の口座を作ることはできませんので、資金管理が必要な場合には個人名義で口座を作る必要があります。そのため資金の管理が非常に高いリスクを持つものになってしまうという問題があるのです。この様な問題も法人となることで大きく改善させることが出来るため、ある程度の大きさの組織に育ったら法人化を目指すのが一般的な考え方です。